Y.M.Online at webry

アクセスカウンタ

zoom RSS バッテリー周り強化

<<   作成日時 : 2005/04/30 15:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
 いわゆるアーシングと、ホットイナズマEcoなるものの追加をしました。

 こちらのアルバムと一緒に見てもらうとわかりやすいでしょう。というより、見ないとわからないでしょう。

 アーシングに利用したのは、パワードモンスターが発売している「Dynamic Earth」、6279円。はがきを持っていけば2割引だったので、5023円。バッテリーのマイナス端子から1本のアースを引き、その先を金具で分岐させるタイプで、バッテリーに直接固定するよりも、配線の引き回しはいいと思う。ケーブルは、マイナス端子から金具までの40cmが1本、金具からアースポイントまでのケーブルの50cmが1本、80cmが2本、100cmが1本。どの長さのをどこにつなぐかと、分岐させる位置をどこにするかを一緒に考えていかなければならない。結局、100cmをボディー左端から、80cmをエンジン左側とボディー右端、50cmをエンジン右側につないで、純正アースを強化する形で接続。ちょうどバッテリーの左側の空間が中間点となるため、そこに金具で連結させることにした。ちゅうぶらりんは怖いので、近くのホースにタイラップで縛り付ける。

 順番として先にやったのは、ホットイナズマEcoの取り付け(これも10500円を2割引の8400円)。バッテリー固定金具の上に、付属の両面テープを適当な大きさに切ったものと、タイラップで固定。ふらつくかなと思ったけど、意外にしっかり固定された。

 手順として、最初にバッテリーのマイナス端子を外し、バッテリー本体とその端子にビニールテープを巻いて絶縁することからはじめる。これをしないと、プラス端子を触ったときに感電し、取り付け中の種々の端子が触れ合ったときにショートする。
 ホットイナズマEco本体を固定したら、ホットイナズマEcoのプラス端子をバッテリーのプラス端子につなぎ、カバーをかぶせて第1段階終了。ここまでは楽。次にホットイナズマEcoのマイナス端子を・・・とはいかない。これをしてしまうと、アースをつけているときにショートするかもしれないと思ったので、これは最後に回す。
 アースは、まずどこにつなぐかを決める。ボディー両端のアースポイントは、比較的簡単にボルトが緩んだ。しかし、エンジンのボルトは固い!固すぎる!!なので、潤滑油の登場。スプレーをかけて、しみこませていく。それでも取れない。ま、ボルトが取れなくても両端だけはしようかな・・・とケーブルの取り回しを考えていく。100cmは左端からここまでだったら届くな・・・じゃあここから分岐させるようにすると・・・と言った具合(アルバムの写真DSCF0004参照)。
 忘れた頃にエンジンのボルトにもう一度手を伸ばすと、ガチッ!という音とともに、ボルトが緩んだ。ボルトを落とさないように慎重に取り外していく。ここで、MarkXのアーシングを考えている人にひとつ助言。エンジンの純正アースを強化する場合、アース線両端のボルトを外すこと。エンジンと反対側にあるボルトから先に外し(アルバムの写真DSCF0008では手前左側のボルト、DSCF0009では手前の金属端子についているボルト:ここでは外れているというかつなぎ忘れ。今つないできた(^^ゞ)、それからエンジンのボルトを緩めると外した後が楽。外れた後は、つなぐのが大変。ボルトを落とさないようにしなければならないし、そのうえアースケーブルまで一緒に持っているし、さらには狭い。特にエンジン右側。左側は右と比べると楽です。
 全てのアースポイントに接続したら、中間点で金具に仮止め(アルバムの写真DSCF0004参照)。バッテリーまで全てにきちんとつながることを確認し、最終工程へ。
 最後は、アースケーブルと、ホットイナズマEcoのマイナス端子をバッテリーのマイナス端子につなげる。

 全ての工程が終了し、エンジン始動!無事にかかったときは安心しました(このときは先ほどのつなぎ忘れた純正アースはもちろん外れている)。
 リセットがかかっている部分がいくつかあった。時計→時間調整。ナビの地図表記→2D表示のノースアップになっているので、3D表示の進行方向アップに戻す。運転席から全座席の窓へのリモコンがリセット→各座席にて、窓をおろしたらそのまま5秒以上ボタンを押し続け、窓を上げて再び5秒以上ボタンを押し続ける。すると運転席のリモコンは回復する。
 ところがここで思わぬ落とし穴があった!!!ディーラー休みなのにどうしようと思いましたよ、ホント。運転席の窓が降りたまま上がってこないんですヨ!窓全開で走るの?とりあえずエンジン再起動してみよう。切って、かけて・・・ボタン引くと・・・よかった・・・動いた。これでリセット部分の回復は終了。
 ナビの目的地メモリは保存されてました。回復が効かないのは、給油後平均燃費。これはしかたないですね。

 走行テストをしてみると、軽い軽い。40km/hくらいで大体4速まで上がるけれど、そのシフトチェンジのスムーズなこと。今までは、低速の場合、1速→2速→3速くらいまではシフトチェンジに「間」があった感じがするけれど、それがなくなりました。アーシングは車のチューンアップの基本ですが(ホットイナズマEcoとの相乗効果もあるでしょうが)、これはする価値ありです。こんなに挙動が軽くなるとは思いませんでした。

 大満足。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
オーナーズクラブのとんぼです。はじめまして。
私も250Gですが、4/26にアーシングとECO取り付けました。
走ってみて直ぐに、スタート時のあの半クラッチ感が改善されているのが分かりました。燃費の方はまだデータが出ていませんが、満足しています。皆さんにもお勧めできる物と思います。
時々、お邪魔させて頂いています。これからもよろしくお願い致します。
とんぼ@090
2005/04/30 21:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
バッテリー周り強化 Y.M.Online at webry/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる